腸内環境は乳酸菌の摂取で良好に

腸内環境はバランスの悪い食事や生活の乱れなどで簡単に変化してしまいます。普段は腸内細菌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがとれていることで腸内環境は整っています。

しかし悪玉菌が増えてしまうと悪玉菌がアンモニアやインドールなどの毒素を作り、様々な病気の原因となります。善玉菌である乳酸菌は体内で乳酸や酢酸などの有機酸を作ります。

有機酸が悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれるのです。便秘のときは腸内がアルカリ性になっています。有機酸は腸内を酸性にして腸の蠕動運動を活発にするので便秘にも効果があります。

腸内環境を整えるためにヨーグルトなどの発酵食品を摂取して乳酸菌を体内に増やすようにしましょう。

乳酸菌は便秘の解消だけでなく免疫力の強化、アトピー性皮膚炎の改善、花粉症の症状改善、高血圧予防、コレステロール低下、大腸ガン予防、口臭予防などの効果もあります。乳酸菌は食品からの摂取だけでなくサプリメントでの摂取も効果があります。

 

ビフィズス菌は酸素がなくても増殖できる

ビフィズス菌は乳酸菌の一種で酸素がなくても増殖が可能な嫌気性桿菌です。主に人間や動物の腸内に生息しています。人間が健康を維持するための助けとなる働きをする代表的な善玉菌のひとつといわれています。

ビフィズス菌には整腸作用や腐敗物を生みだす菌が増殖するのを抑制したり、病原菌からの感染を予防する効果などに期待されています。 

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌がありこれらがバランスよい状態を保っていると腸内環境が整っているといえます。生活習慣の乱れなどが原因で悪玉菌が増えてしまうと腸内環境が乱れてしまいます。

便秘になってしまうと悪玉菌が増えてしまいます。便通を整えるためにはビフィズス菌が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料などが効果的です。ビフィズス菌サプリのランキングで話題にされているようにビフィズス菌をサプリメントで補うのもよいでしょう。

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。植物性乳酸菌は野菜や豆類、米、麦などの植物性食品を発酵させるのに欠かせないもので栄養が少ないところでも生き抜くことができる強い菌です。

 

原因を見つけて早期に問題を改善する必要がある下痢

“下痢の症状が出た場合に原因を探る必要があります。食べたものが原因で起こることがあるために、下痢になる前に食べたものは注意して食べる必要があるのです。

また、体調不良などに伴って起こることもあったり、身体にとって過剰摂取となっているものが多くある場合に下痢になることがあるのです。そのために日々の生活で摂り過ぎているものなどを把握して、食生活を改めることも重要となります。

しかし下痢は体調不良などだけではなく、胃腸炎など病気の問題で出ていることがあります。そのために消化器科のある病院などに診てもらうことも早期に解決させるために重要となるのです。

この時に重要となるのが期間や状態などを詳細に知らせることになるために、日々の便の状態を把握したりすることも健康のためにも大切になってきます。

下痢は良くある症状ではあるものの、病気などに繋がっていくこともあるために健康管理のために便の状況と良好な生活を続けていくことが早期発見と治療には良いものとなります。